ロゴ
HOME>Topics>宮大工に依頼して安心のマイホームを建てよう!

宮大工に依頼して安心のマイホームを建てよう!

大工

大工の中でも超一流の宮大工とは

家を建てるとなると一般的な大工が建築する工務店に依頼することが多いですが、実は宮大工も一般住宅を手がけています。宮大工は、「宮」と付くように寺院や仏閣など伝統的な建築を手掛ける職人のことを指します。寺院や仏閣の建築で使われる木組みの技術を持っているだけでなく、組む木の加工はすべて手作業で行い必要な場所にぴったりの木材を作る技術も持ち合わせています。一般的な大工が2から3年々程度で一人前とされるのに対し、宮大工は8年から10年程度の修行が必要とされています。つまり、それだけ修行を重ねた技術のある職人が宮大工なのです。

宮大工の手掛ける一般住宅の魅力

工具

耐久性が高い

宮大工の確かな技術で建築する家は、50年以上大きなメンテナンスをせずとも問題なく住み続けることができると言われています。

日本が誇る木造建築の家に住める

宮大工としての技術をもって、日本の伝統を感じる家造りをしてもらえます。ナチュラルで開放感のある住みやすい住まいが手に入ります。

国産の良質な天然木で建築してくれる

木材の加工も手掛ける宮大工であれば、宮大工自身で木材を選び加工して建築をしてくれます。国産の良質な天然木も使用することができ、身体にも優しく、素朴で美しい家が建築できます。

広告募集中